ベビーコラーゲンの注射や摂取でしわやたるみを解消

クリニックでの施術の流れ

クリニックでの施術の流れとしては、希望やライフスタイルなど、細かく丁寧なカウンセリングと治療の流れや注意点などの説明を受けた後、麻酔クリームを塗布して麻酔をし、10分から15分後に注入をします。
注入は箇所や量にもよりますが、細かく注射をし、20分程度の施術となります。
副作用としては針跡が残ることと、まれに内出血が出ることもありますが、それは10日くらいで自然に消えます。
効果は8か月間程度なので再度注入が必要になりますが、繰り返すことによって再生能力が高まり長期的な持続も可能になります。
料金はクリニックによって異なりますが、1本10万円前後です。
実際に体験した方からは、「ダウンタイムが不要で、すぐに実感できた」「麻酔をしたので痛くはありませんでした」「目の下にくぼみがあり疲れたように見えていたのですが、施術後はハリが出てきました」「目の周りに注入をしたのですが、ほうれい線も少し薄くなったようです」などの口コミがあります。
ベビーコラーゲンは、クリニックで注入をしてもらうと早い効果を得ることができますが、サプリメントとしても販売されています。
サプリメントなので直接しわなどの悩みに対応するということではありませんが、服用によって井出分解されないような工夫がされていたり、他の肌に良いとされる成分を配合しながら�V型コラーゲンが摂取できるように工夫されています。
それを長期的に服用することによって何らかの効果が得られるということです。
クリニックでの注射より費用が掛からず、「飲み始めて早くて1週間くらいで肌にハリが出てきた」「2か月目ですが肌が柔らかくなってきた」「化粧ノリが良くなった」などの口コミもあります。
このように、加齢によってコラーゲンもヒアルロン酸も、再生力のある線維芽細胞も減少するためにしわやたるみが出てきてしまいますが、注入したり摂取したりすることで、エイジングケアができるのです。

今日いちばん衝撃だったのは神田うのさんのこのコメント。
ヒアルロン酸とベビーコラーゲン注射は大人の女性のエチケットなんですって奥様 pic.twitter.com/GHqTaM0tRt

— リコ (@ZhenLiZi_TB) 2018年10月19日

コラーゲンにはいろんな種類があるコラーゲンの特徴とはクリニックでの施術の流れ